ベストケンコー社の強み、凄いところ。

欲しい物が日本の中では手に入れられない場合、それが海外のものならば輸入という手段を使うのが普通の方法になりつつあります。
ただこれには条件が必要になってきます。
語学が非常に堪能で、ビジネス英語に精通していて、輸入に関してもある程度、業務として経験があるような人であれば可能なやり方になります。
これに当てはまらない人だと海外の業者に欲しい仕様品の発注を出すだけで、行き詰ってしまいます。
税関への対応も大変です。
その為に、個人輸入代行業というものがあり、個人輸入代行業者というものが存在するように成っています。
一般的に、日本で個人輸入代行業者が増えたのは、外国の薬、医療関係品が注目を浴びるようになってからになります。
古くは養毛剤のロゲイン、最近では男性専用のくすり、バイアグラ、レピトラ、シアリス等の需要が急激になってからのことになります。
ロゲインも日本では話題先行で、当時手に入りませんでしたし、男性用勃起薬は医師の処方箋が無い限り入手することは現在でも出来ません。
同じようなものに、育毛・ヘアケア・ ダイエット・ ピル・避妊薬 低用量ピル・ アフターピル・ ホルモン剤・ アンチエイジング・ うつ・メンタルケア 不眠症等のジャンルで各種の薬があります。
効果があるのは、確認できているが日本では薬事法の関係で認定されていないものとか、あるいは認定されてはいるが医師の処方箋を書いてもらわない限り、薬屋で買うことが出来ない薬が沢山あります。
そうした薬等は、現在でも個人輸入業者に依頼して外国から入手するしか手がありません。
そうなると、一体どこの個人輸入代行業者に依頼するかと言うことが大切になってきます。
個人輸入代行業者にもピンキリがあり、どこに頼もうかと迷うところですが、私は、人に聞かれると大手の数社のなかから選ぶように教えています。
とくにベストケンコー社の対応はどこの会社にも負けていない気がします。
と言うのはベストケンコー社が扱う商品は、全て正規品なので、しっかり効果が期待できるからなんです。
せっかく手間暇かけて外国から取り寄せたのに、少しも効きめが無いというような笑えない非劇が沢山起きているからです。
業者はあくまで代行者であって薬の製造メーカーではありません。
そこで注文者に代って正規品をきちんと見分けてくれるのが、彼らの仕事なのです。
その為にシンガポールにて医薬品取り扱いライセンス及び薬品取り扱いライセンスを持っています。
それもこれも全て本物と偽物を現地で識別するためであるし、そうして配送元より商品を厳選したうえで日本の注文者に商品を届けてくれるようになっています。
ここまできちんとしている業者はなかなかありません。
このあたりの所がベストケンコー社の強みであり、口コミ等を読まれても良くわかります。
基本的に配送料は日本国内無料というのも助かりますし、他社に比べて扱っている商品の多さ、とくにジェネリック商品の数は段違いですので、サイフにも優しいと言えるでしょう。

Comments are closed.