個人輸入は安全性を重視

このページはベストケンコーについて説明していますが、私は基本t根木に薬で健康を保とうとするよりは薬なしで健康でいる事の方が大事であり、なるべくなら薬を飲まないほうが良いと思っています。

  1. 早寝早起き
  2. 禁煙
  3. 禁酒
  4. 程よい運動
  5. バランスのとれた食事
  6. 腹八分目

上記のことすらできていないのに安易に薬に頼るべきではありません。

ベストケンコーは優良業者として教えていますが、薬の服用を吸うs目ているわけではありませんので、あkン違いしないようにお願いします。

bestkenko5

早寝早起きで朝日を浴びる事が健康の秘訣です!安易に薬に頼ってはいけません

ベストケンコーで個人輸入する理由

海外では認可されている効果的な薬でも、日本では認可されていないために購入できない医薬品がたくさんあります。
また、新薬に比べて安価で購入できるジェネリック医薬品に関しては、医療負担を抑えるために利用を希望する人が多い反面で日本での需給率15%となっており入手することが困難となっているのが現状です。
海外には効果的な治療薬があり、安く入手できるのに、それが日本では適いません。
そこで、この問題を打開すべく個人輸入をして海外医薬品を入手するという方法があります。
医薬品の輸入に関しては、個人利用に限り、一度の輸入用量を守れば法的な規制を受けることはないので違法性を心配する必要はありません。
厚生労働省曰く、「毒薬・劇薬・処方せん薬は用法用量からみて1ヶ月分以内」「そのほか医薬品・医薬部外品は用法用量からみて2ヶ月分以内」「外用剤は標準サイズで1品目24個以内」としています。
この範囲でなら輸入が許可されています。
ただし、他人への販売や譲渡はできないので、あくまでも輸入した本人が利用することが前提です。
さて、実際に個人輸入を行う場合、個人輸入代行業者を仲介して注文するのが安全で確実な入手方法になります。
ただし輸入代行業者はピンからキリまで存在し、中には悪質な運営を行う業者もいるので気を付けて利用をする必要があるでしょう。
となると、どこの代行業者を活用したらいいのか迷ってしまいますが、確実な安全性を求めて個人輸入代行業者を選ぶのなら大手ベストケンコーを利用してみてください。
ベストケンコーはリピーターによって大手にまで上り詰めた、信頼と実績のある輸入代行業者です。
100%正規品の取り扱い、正規ブランドからジェネリック医薬品まで薬剤師によって成分検査をしているので、安全に服用できる薬しか販売していません。
もちろん、いずれも製薬メーカー、FDA認証や各国の政府認定を受けている安全性と効果が実証されている医薬品です。
また、配送に関して梱包はプライバシーを重視して商品の中身が分からないように外箱に商品名の記載はしていません。
加えて輸入となると配送トラブルも懸念されますが、配送に関しても100%保証されているので安心して活用できるでしょう。
全てにおいて100%の満足を提供するのがベストケンコーです。
個人輸入のメリットは日本では入手できない医薬品を購入できるということ以外にも、安い価格で医薬品を入手できるという点があります。
日本で販売が認可されている医薬品でも、中には保険適用ができない医薬品があります。
そういった薬を医師に処方してもらう場合は診察代や薬代などはすべて実費となり、1錠で1万円程度の医療費がかかってしまうなんてこともあり、安く入手することはできません。
その点、個人輸入に頼れば診察代がかからないので、医薬品そのものの価格のみで済み、余計な負担をかけずに購入することが可能となっています。

Comments are closed.